いなかぐらしのススメ ~東京、大阪で働き続けたITエンジニアが辿り着いた極上生活とは~

外資系半導体企業でエンジニアとして働いてきた筆者が、東京、大阪での仕事生活を経て、ふと思い立っていなか暮らしを始めたところ、そこには極上の生活がありました。大都会で働きまくっていた時には、こんな生活があるということをこれっぽっちも考えなかったので、同じような境遇の方に少しでも知っていただきたいと思い、いなか暮らしの日常を綴ります。

古民家リノベーションをちょっとだけ体験

してきました!

「循環型古民家リノベWS」というネーミングのイベントが近所(車で40分ほどのところ)でありましたので、面白そうなので参加させてもらいました。主催は美しい地球創造team木靈というグループで、ニホンミツバチの巣箱やロケットストーブを作るワークショップなんかもされていて、循環型社会を目指した活動をされています。代表のナギラさん曰く「いきものを再生させていく活動をやっております。いきものを増やしていくためには環境に優しい衣食住を広めていこうとしております」とのこと。

会場は、こちら。

もともとは竹武庵という骨董屋さんとして営業していたそうで、当時の様子を思わせるものがまだ残っていました。

今回の作業は土間の部分の改装で、壁と床を剥がして天井の施工をするところでした。

天井板を張り付ける為の骨組みを作っていきます。本職の方はいないとのことだったのですが、みなさん手際が良い!

と思いきや、「プロは凄いよね~」という言葉を漏らしながら、位置が合わずにやり直したり、工夫して形を変えたりすることも(^^)

ですが、その苦労や手間も楽しい!!さらに、それがあればこそ、出来上がった時の達成感もひとしおです。

こちらが組み上がった骨組みです。プロはいなくても、さすがに慣れてらっしゃる。よくできているのではないでしょうか。

自分のところでは技術も仲間も道具も揃わないので簡単には実現できないのですが、自分で家をいじるのが楽しいのだと教えてくれるイベントでした。古民家リノベだけでなくいろいろ興味深い活動をされているので、また機会があれば参加したいです!!

 

P.S.

まかないの火鍋も美味しかったです(^^)